夫婦共働き世帯の収入に対する税額について

夫の年収500万円の場合、妻の年収に対して支払う税額についてシミュレーションを行いました。

妻の年収が103万円までは、無税となります。

妻の年収が150万円を超えると、夫の配偶者控除額が徐々に減額されます。

したがって、夫の支払う税額も徐々に増額されます。

妻の年収が200万円を超えると、配偶者特別控除がなくなり、夫の支払う税額は20万円まで増加します。

したがって、妻の年収を150万円までに制限した方が節税になることがわかります。

(Visited 1 times, 1 visits today)

Follow me!

コメント

PAGE TOP