退職所得控除額について

60歳で定年退職した場合、退職金がもらえます。

退職所得に対する税金が源泉徴収されます。

この税金は特別な計算式で計算されます。

退職所得控除額は勤続年数に対して計算されます。

勤続年数が20年以下の場合、勤続年数X40万円

勤続年数が20年以上の場合、800万円+70万円X(勤続年数‐20)

すまわち、図で説明すると、横軸が勤続年数、縦軸が退職所得控除額です。

 例えば大学卒業年齢22歳から60歳で38年の場合、

退職所得控除額は約2000万円です。

したがって、退職金が退職所得控除額以下の場合は、税金0円ですが、

これ以上もらえる場合は、2000万円を超える部分の1/2が課税対象所得となります。

(Visited 2 times, 1 visits today)

Follow me!

コメント

PAGE TOP