勤続年数に対する退職所得控除額

退職所得控除額は勤続年数によって異なります。

勤続年数に端数がある場合は、その端数を切り上げて1年とします。

勤続年数が20年以下の場合 勤続年数x40万円

勤続年数が20年を超える場合 800万円+70万円x(勤続年数ー20年)

で計算されます。

したがって、勤続年数が多いほど退職金にかかる源泉徴収税額が安くなります。

(Visited 1 times, 1 visits today)

Follow me!

コメント

PAGE TOP