退職所得の源泉徴収税額の速算表

退職所得の源泉徴収税額を求めるためには、

・勤続年数

・退職金

を入力することが必要です。

勤続年数により、退職所得控除額を計算します。

次に、退職金から退職所得控除額を引いて、その差を1/2して退職所得を計算します。

この退職所得を上記速算表に当てはめて源泉徴収税額を求めます。

(Visited 5 times, 1 visits today)

Follow me!

コメント

PAGE TOP