源泉徴収票_001のシミュレーション結果(グラフ表示)

Googleスプレッドシートで作成した源泉徴収票分析ツールに

源泉徴収票データ_001を入力し自動的に分析した結果を示します。

「支払金額」が年収です。

「給与所得控除後の金額」がサラリーマンに認められた必要経費を差し引いた金額となります。

これに対して、「所得控除の額の合計金額」を差し引いた金額が課税対象となります。

税率をかけ算した額が「源泉徴収税額」として給与から天引きされます。

したがって、所得控除を積み上げていくことにより節税を行うことができます。

ケース1は70歳以上の老親を扶養した場合を示しています。

灰色の所得控除の額を積み上げることができます。

したがって、ケース1で¥24,500の節税をすることができ、「源泉徴収税額」をほぼ0にすることができます。

(Visited 1 times, 1 visits today)

Follow me!

コメント

PAGE TOP