ファイブフォース分析でミクロ(自社の業界)を分析する

マクロ分析が終わったら、次はミクロ分析です。
つまり、「大きな社会的要因を見たら、次は業界を見てみましょう」
ということです。
社会的要因は、そのまま業界全体に影響を及ぼします。
例えば、「少子高齢化」という社会的要因によって訪問介護の競合が増えた」
といったように、業界に及ぼしている影響の多くは社会的要因に起因するものです。
ミクロ分析には
「ファイブフォース」という分析フレームワークを使います。
ファイブフォース分析は、以下の5つの要因を分析します。
①買い手の交渉力
②供給企業の交渉力
③新規参入業者
④代替品の脅威
⑤競争関係
これらは一般的に経営計画や経営戦略を策定する際に
使われるフレームワークですが、
今回はランディングページの制作で使用するので、
商品やサービス単位でこれらの項目を埋めていって頂ければと思います。
では、1つずつ解説します。

(Visited 1 times, 1 visits today)

Follow me!

コメント

PAGE TOP