Webブラウザひとつでサイト制作・運営ができる”CMS”

WordPressのように手軽にWebサイトを作成・更新するためのシステムは「CMS」と呼ばれています。
CMSとは、Content Management System(コンテンツマネジメントシステム)の略です。
画像や文章など、Webサイトを構成する要素を「コンテンツ」と呼びますので、
CMSは「Webサイトをマネジメントするシステム」ということになります。
CMSの大きな特徴は、Webブラウザから管理画面にログインをして、
ページの更新や追加、デザインの変更などができることです。
つまり、Webサイト制作から運営に関するほぼ全てのことが、Webブラウザひとつでできるのです。
アメブロやFC2ブログで、無料ブログサービスを運用したことのある人は、
ブラウザからWebサイトを更新する方法のイメージが湧くと思います。
実はこれらの無料ブログサービスもCMSの一種です。

(Visited 1 times, 1 visits today)

Follow me!

コメント

PAGE TOP