サイトの目的を考える

Webサイトには多くの種類があり、それぞれに応じて大まかな目的は決まっています。
例えば、ECサイトならばサイト上で商品を売り上げることが目的ですし、
ニュースサイトならば閲覧者を増やして広告収入を得ることが目的です。
ビジネスサイトを大きく分けると、
Webサイト上で、収益を発生するサイトと、しないサイトに分けられます。
前者の代表はECサイトで、Webサイト上で商品やサービスを販売して利益を得ています。
この場合、サイトの目的はWebサイト上で収益を得ることになります、
目標値は売上金額など計算しやすい数値が適用できます。
では、Webサイト上で収益を発生しないサイトの場合はどうでしょうか?
例えば映画のプロモーションサイトを考えてみましょう。
プロモーションサイトはWeb上で売り上げを得ることが目的ではなく、
サイトを公開して広く世間に認知されることで映画の興業収入を増やすことが目的です。
サイトの目的を一行で表すと「映画の認知度を高める」となりますが、
認知度は売上金額などと違って単純に数値で表すことができません。
そのため、Web上で収益が発生しないサイトと比べると難しくなります。

(Visited 3 times, 1 visits today)

Follow me!

コメント

PAGE TOP