WordPressの基本機能

CMSを利用しない旧来のWebサイトは、
各ページがそれぞれHTMLで記述されたファイルで、
WebサイトはそのHTMLファイル群をまとめたフォルダの構造になっています。
この環境でWeb担当者が特定のページを更新する場合、
まずどのファイルが更新予定のページにあたるのか、
そしてHTMLコードのどの部分がページタイトルなのか、
どの部分がページ本文なのか、
これらを全て理解する必要があります。
初めてWebサイトに触れた人が自力で更新できるようになるまでには、
かなりの時間が必要でした。
ところがWordPressでは、Webブラウザから管理画面にログインをして
文章を入力するだけでページが更新できます。
HTMLの知識も、サイト管理の知識も不要で、
Webサイト運営の難しいところは全てWordPressがやってくれます。
つまり、運営者は最も大切なページの本文の作成に
しっかり時間をかけることができるのです。

(Visited 2 times, 1 visits today)

Follow me!

コメント

PAGE TOP