販売指向

次の時代のコンセプトは、販売指向です。
大量生産が可能になると、企業は過剰在庫を抱えるようになりました。
そうすると、製品をいかに販売するかを重視する販売指向のコンセプトが出てきました。
販売指向では、いかに効率的に販売するかがテーマです。
つまり、セリングを重視する考え方です。
しかし、一歩間違えると、顧客のニーズを無視して、
押し売りのような販売方法が横行することが問題点でした。

Follow me!

(Visited 2 times, 1 visits today)

コメント

PAGE TOP