では、一体どうやって証明するか

ある若手弁護士が、上司である有名弁護士に請け合った。
「これだけ十分な証拠があれば勝訴は確実ですよ」
上司は色をなして、バンとテーブルを両手で叩いた。
部屋中に音が響く。テーブル越しにさっと腕を伸ばしたかと思うと、
若造が着ていたブルックス・ブラザーズの襟をつかんでぐいっと引っ張り上げ、
鼻先まで顔を近づけて、海の向こうまで聞こえんばかりの大声で怒鳴った。
「絶対に、十分な証拠だけで、私を法廷の陪審の前に立たせるんじゃない」
そして一息おくと、ショックを受けている若造を椅子に放し、
「圧倒的多数の証拠」と黒板に書いた。

(Visited 7 times, 1 visits today)

Follow me!

コメント

PAGE TOP