鹿児島県伊佐市にある瓦屋さんの例

瓦屋さん、という業界ですから、やはりお客様がどこにでもいるわけではありません。
古くからの瓦屋根の家を構えているお宅は限られてきます。
しかも近隣は過疎地域に属していて、東京の250万分の1の人口密度しかありません。
この瓦屋さんも近隣でお客様を獲得できないので、
人口の多く距離の離れた鹿児島市で営業していました。
しかし、時間も費用もかかり、効率もよくありません。
構造的に儲からなくなっていたのです。
つまり、近隣のお客様を大勢、
巻き込めるような新しいものを打ち出せば問題は解決するのですが、
瓦屋さんという業種で、それは可能なのか?

(Visited 4 times, 1 visits today)

Follow me!

コメント

PAGE TOP