チラシは「自分たちが望むお客様」を確実につれてくる

広告をつくることが、経営戦略にもなり、
また人材育成にもなるとは、これまでの時代では考えもしなかったことでしょう。
それもそのはずです。
文言にしろ、デザインにしろ、広告代理店や印刷会社など、
外部の人に任せるのが通常だったわけです。
チラシなどはセールスなどの告知がメインで、
頭を使って内容を考える必要はほとんどありませんでした。
しかし、現在は、お客様がちゃんと広告を見て、
興味を持たものしか選ばれない時代になっています。
それに応えるためには、商品のことを誰よりもわかっている人間が、
最も伝えたいことをダイレクトにぶつけていくしかありません。
すでにマスメディアでも、CMなどからヒットが出ることは少なくなっています。
お客様に響く言葉は、その商品のことをあまり知らない専門家からは生まれにくい。
一番それを売りたい人、誰よりもその商品を「素晴らしいものだ」と思っている人から、
発せられるべき時代になっています。

(Visited 12 times, 1 visits today)

Follow me!

コメント

PAGE TOP