売る側と、買う側のマッチング

たとえば飲食店にとって、いまや口コミサイトは無視できない存在になりました。
そのお店を利用して気に入らなかった人が、
ちょっとクレームまがいのことを書いただけで、
悪評が立って売上が激減することもあるくらいです。
だから多くの店舗が、サイトの評価に対して神経質になっているのですが、
そう心配するものではありません。
原因はむしろ、最初の時点での「説明不足」なのです。
店主さんが会話下手で、えらく不愛想なお店があったとしましょう。
ならば最初からお店の紹介で、看板やチラシに
「うちは不愛想だけど、最高の料理を出します」とでも書いておけばいいのです。
お客様はそれを説明された上で、その店にやってきます。
そこで、「この店は無愛想だ。ひどい」などと、ネットに書き込んだ人がいたとします。
「最初から無愛想だと書いてあるでしょ」と。
見当違いのクレームは、受け入れられないのです。

(Visited 5 times, 1 visits today)

Follow me!

コメント

PAGE TOP