逆にいくらサービスがよく、味が美味しかったとしても、・・・

「ボリューム満点」をうたったお店で量が少なかったとしたら、
クレームはすぐに広がってしまいます。
つまり、「どんなお客様に来てほしいか」を最初から説明することがポイントで、
多くの悪評はミスマッチから起こるのは、
これまでの営業が「誰でもいいからお客様を集めよう」
だったからではないでしょうか。
しかしこれからは、広告を使って「こんなお客様を私たちは求めています」
とアピールする時代になっていくのです。
より自分たちが望むやり方を打ち出し、
より自分たちの個性を発揮したほうが、お客様の心をつかみ、
成功する可能性が高くなる。
売る側にとって、こんな素晴らしいことはありません。
1枚のチラシで、どれだけのアピールができるのか。
具体的な例を紹介しながら、説明していきましょう。

(Visited 4 times, 1 visits today)

Follow me!

コメント

PAGE TOP