この曼荼羅を応用して、「マンダラート」というものも生まれました。

「マンダラート」というのは80年代に生まれた発想法です。
曼荼羅をつくるかのように、思考を深めていく手段です。
3X3の9マスを紙に描き、連想しながらマスを埋めていくことでアイデアを出していきます。
「マンダラート」は非常に便利なツールということで、
教育や目標達成など、あらゆる分野で応用されてきました。
メジューリーグで大活躍の大谷翔平選手も、高校生のころに「マンダラート」を使って、
自分のやるべきことを描いていたのは有名な話です。

(Visited 4 times, 1 visits today)

Follow me!

コメント

PAGE TOP