(4)その商品(サービス)が信用してもらえる証拠は?あるいは語れる資格は?

どれだけよいコピーが書かれていても裏付けとなる具体的な証拠がなければ
お客様は信用してくれません。信用の裏付けとなる具体的証拠とは、
まさにヒントのキーワードに記されているようなものを意味します。
・写真・データ・数字
・販売数・取引数
・資格・特許
・表彰・認定・コンテスト
・公的・有名取引実績
・推薦文・お客様の声
・マスコミ等出演・掲載実績
・ランキング・初の事績・歴史
最も効果敵なのは、やはり「お客様の声」で、
自分と同じような問題を持っている人が、
その商品によって問題を解決できた」というリアルな声は、
どんな美辞麗句よりもお客様に伝わりやすいわけです。
ただ、これができるのはすでに一定のお客様を抱えている商品やサービスだけで、
新規の事業であれば、そうはいきません。
その場合であれば、説得力となる会社の実績であったり、
原料や成分のデータに基づく効果をうったえます。

(Visited 1 times, 1 visits today)

Follow me!

コメント

PAGE TOP