(5)その商品(サービス)を購入して喜ぶ人は、どんな人ですか?

「いいこと」を喜ぶ状態の人は、どんな人か?
「何かで悩んでいる」とか、「何かをしたくない」というお客様側の需要になります。
ターゲットコピーのヒントになる言葉は、次の8つです。
・~で悩んでいる(困っている)
・~を考えている(検討している)
・~をしたくない(面倒くさい)
・~が出来ない(わからない)
・~が足りない(減っている)
・~に不安がある(不満がある)
・~してしまう(やめられない)
・~でいいのか(逃れたい)
ターゲットが想定できないのであれば、強みではない可能性があります。
マンダラ広告作成法においては、お客様から考えるのではなく、
まずは自分たちの強みの方から考えることで本当のターゲットが明確になるのです。

(Visited 3 times, 1 visits today)

Follow me!

コメント

PAGE TOP