これを見ると・・・

既に矯正器具を付けている人に対する付け直しなどの需要がありそうですね。
また同時に、これから矯正を検討している人でも、
「矯正」と入力すれば、「痛い」と出てくるので、ほぼこういったページを見ていると思っていいでしょう。
では、これから矯正をはじめる人は、こういう悩みを持っていると考えられませんか?
このようにして、サジェスチョンツールからターゲットのニーズを洗い出していきましょう。
ここまでくれば、もう十分にWebサイトに何を入れればいいのか、明確ですよな。
こういう悩みのある人に対して、コンテンツを置いてあげることです。
気を付けてほしいのは「売る」のではなく、
解決策を提示してどういう変化が起きるのかを明確にすることが大事だということです。
この方法は、やればやるほどコツがわかってきて精度が上がるので、
もっともっとやってみてください。
本当の悩みを、核心を見つけるのです。

(Visited 3 times, 1 visits today)

Follow me!

コメント

PAGE TOP