(3)その商品(サービス)を使うことによって、お客様はどんなよいこと(状態)になりますか?<キャッチコピー>

次は「キャッチコピー」ですが、
一般的なキャッチという言葉に縛られず、
「お客様がそれによって、どんな「よいこと」が得られるか」を考えてください。
先の「商品がライバルに比べて勝っているポイント」が
一番どんな効果をもたらすかに注目するといいでしょう。
ヒットとなるのは、次のようなお客様にとっての「よいこと」です。
・なれる(実現する)
・ラクになる(簡単になる)
・速くなる(短くなる)
・得られる(学べる)
・増える(長くなる)
・出来るようになる(わかる)
・解消できる(軽減できる)
・喜ばれる(褒められる)
ヒントをもとに考えるだけでも、この部分には、さまざまな回答が思い浮かぶかもしれません。

(Visited 3 times, 1 visits today)

Follow me!

コメント

PAGE TOP