「どう言うか」より、「何を言うか」が重要な理由

コピーを書く前に、訴求するターゲット(顧客)に対し、
商品やサービスのどんな価値を提供するか。
これがコピーを書く前に考える戦略である。
どう言うか=コピーライティング
何を言うか=戦略
では、なぜ「どう言うかより、何を言うか」のほうが重要なのか?
なぜなら、そうしなければ、売れなくなるからだ。
老若男女それぞれ、価値観に大きな違いがある。
ここを見極めておかないと、その後、
どんなにいいコピーを書いても刺さらないコピーになってしまうのだ。
たとえば、スマートフォン「iPhone」の新機種が登場したとしよう。
その新型iPhoneが売れるコピー、つまり、
買ってもらうにはどんなコピーを書けばいいだろうか?
おっと、ここでいきなり書いてはいけない。まず考える。
売れるコピーライティング(どう言うか)にするには、
事前に戦略(何を言うか)が先だ。
価値を受け取る相手(ターゲット)が変われば、
伝えるべきこと(提供価値)はおのずと異なってくる。
この場合、価値を受け取るターゲットは、大きく考えて3タイプいるだろう。
「iPhoneユーザー」
「アンドロイドユーザー」
「ガラケーユーザー(スマホ未保有者)」の3タイプである。
それぞれ「ターゲットX提供価値」を考えてみよう。

(Visited 4 times, 1 visits today)

Follow me!

コメント

PAGE TOP