「マンダラ広告作成法」で考えることで「お客様の気持ち」がわかる

「マンダラ広告作成法」は、お客様からの答えが予測できるよう、
さまざまな仕掛けを用意しています。
瓦屋さんのチラシを見ると、裏面の最後のほうに「よくある質問」という項目があります。
Q1「屋根の塗装、外壁の補修、塗装やメンテナンスなども一緒にお願いできますか」
Q2「工期はいつにするかなど、相談できますか」
Q3「支払いは、分割払いできますか」
これらは「マンダラ広告作成法」の
「何があれば不安なく、すぐに購入できる?」という質問項目で、
お客様の立場に立って考えて導き出すものです。
もちろん、すでに購入されているお客様からぶつけられた疑問を思い出して書くこともできますが、
新しい商品であれば、広告を作成する側がさまざまな角度から自社のサービスを見つめ、
「質問されそうなこと」を予測して考えなければなりません。
これは難しいことではあるのですが、
さまざまな疑問を考えていくことで、お客様が感じるだろう不安を、
売る側は一つひとつ潰していくことができます。
実際、ここで「Q3」に載せられている「分割払いできますか」といった質問は、
お客様の「高かったらどうしよう」という一番のの疑問を解決することでもあるわけです。

(Visited 4 times, 1 visits today)

Follow me!

コメント

PAGE TOP